釣崎清隆が逮捕!作品や写真集と原発で働いていた経歴も気になる!

パトカー

写真家として活動していた釣崎清隆(つりさききよたか)氏が逮捕されたというニュースが入ってきました。

コロンビアやパレスチナなど紛争地域を取材していたことで知られる釣崎清隆氏ですが、一体何があったのでしょうか?

写真集などの作品も出版しているという釣崎清隆氏の経歴などを調べてみました。

Sponsored Links

写真家の釣崎清隆氏が逮捕!

写真家や映像作家として活動している釣崎清隆(つりさききよたか)氏が逮捕されたというニュースが入ってきました。

釣崎清隆氏の逮捕容疑は覚◯剤取締法違反。

どうやら自宅のアパートに隠し持っていたようです。

NARUHEYは今回の事件で釣崎清隆氏のことを初めて知ったのですが、紛争地域を取材する写真家して有名な方のようです・・・。

釣崎清隆氏が訪れるのは、南米や東南アジアなどの危険な地域。

具体的な国を挙げると、コロンビア、パレスチナ、ロシア、メキシコなど。

報道によると、警察の取り調べに対して釣崎清隆氏は中南米で麻◯組織を取材している時に勧められて使い始めたと話しているそうです。

取材先で試してみたらやめられなくなり、日本に帰国してからも使っていたと話している釣崎清隆氏。

ニュースのコメント欄を見ると「ミイラ取りがミイラになった」と書き込んでいる人も・・・。

そもそも、釣崎清隆氏はなぜ中南米まで行って麻◯組織を取材することにしたのでしょうか・・・?

釣崎清隆氏のプロフィールは?

今回のニュースを聞いて釣崎清隆氏がどんな人物なのか気になったという人も多いのではないでしょうか?

それでは、まずはプロフィールから見ていきたいと思います。

釣崎清隆(つりさききよたか)

  • 生年月日:1966年?月?日
  • 年齢:51歳
  • 出身地:富山県高岡市
  • 出身大学:慶應義塾大学
  • 職業:写真家・映像作家・文筆家

釣崎清隆氏は、1966年生まれで現在51歳。

富山県の高岡市の出身で、慶應義塾大学の文学部を卒業しているそうです。

子供の頃に見た「ジョーズ」刺激を受けて映画館に通うようになったという釣崎清隆氏。

小さい頃から将来は映画監督になると思っていた釣崎清隆氏は大学生の頃から映画制作を始めたそうです。

Sponsored Links

釣崎清隆氏は原発で働いていた経歴も・・・

大学卒業後はセクシー系の映像を撮る会社に就職したそうですが、2年半で辞め小林小太郎氏の勧めでタイに。

その後ロサンゼルスからコロンビアに渡ったり1995年からコロンビアを拠点に活動していた時期があったそうです。

コロンビアに渡った釣崎清隆氏はこの時麻◯組織の取材を行っていたようです。

今回、覚◯剤取締法違反で逮捕された釣崎清隆氏は、麻◯組織の取材中に勧められて使い始めたと話しているのでおそらく釣崎清隆氏が使い始めたのもこのコロンビア滞在中だった可能性が高かそうです。

その後、コロンビアから帰国した釣崎清隆氏は、震災後の原発で放射線測定の作業員としても働いていたことがあるそうです。

なぜ、写真家が原発で放射線測定の作業員として働いていたのでしょうか?

釣崎清隆氏のwikiページを見ると「取材、また憂国的感情」から原発で働いていたとありますが・・・。

更に、釣崎清隆氏が勤務していた会社は、下請け会社。

しかも国が定める基準の確認項目を全てに違反しているような会社だった模様。

釣崎清隆氏は、そんな下請け会社の労働環境をゴールドラッシュや宝石鉱山の労働環境のようと話していたそうです。

なんとなく想像はつきますが、なぜ自らそんな仕事をすることを選んだのか・・・?

取材ということで、当時の状況を後に写真集などの作品にして出版したのかと思ったのですが、原発に関する写真集は見つからず・・・。

であればなんのための取材だったのか?

尚更、原発で放射線測定の作業員をしていた理由が気になります・・・。

Sponsored Links

釣崎清隆氏の写真集などの作品は?

原発に関する写真集は出していないようですが、これまで複数の写真集を出版している釣崎清隆氏。

かなり特殊な写真集なので、見たことがある人はあまりいないのかもしれませんが・・・。

  • 1996年:danse macabre to the HARDCORE WORKS(NGP)
  • 2006年:REVELATIONS(IMHO DWW社)
  • 2006年:REQUIEM DE LA RUE MORGUE(IMHO DWW社)
  • 2006年:10 stories of DEADLY SPEED
  • 2012年:DEATH:PHOTOGRAPHY 1994-2011(Creation Books)

カッコが写真集を出版した出版社名ですが、2006年に出した「10 stories of DEADLY SPEED」という写真集に出版社がないのは、自主制作によるものだからのようです。

釣崎清隆氏は写真集以外にも複数の本も出版していました。

  • 2000年:世界残酷紀行 死体に目が眩んで(リトル・モア)
  • 2005年:ファイト批評 共著アイカワタケシ (洋泉社)
  • 2011年:死者の書(三才ブックス)
  • 2011年:エメラルド王 共著 早田英志(新潮社)

新潮社から2011年に出版した早田英志氏との共著「エメラルド王」は、コロンビアの「エメラルド王」と呼ばれた早田英志氏についての本のようです。

早田英志氏は、昨年フジテレビ系「アウト×デラックス」にも出演して話題になったので名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

Sponsored Links

おすすめの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*