萩原良二の経歴は?ソニーLSIデザイン元役員が元社員と架空発注による詐欺容疑で逮捕!

ソニーLSIデザイン

ソニーのグループ企業、ソニーLSIデザインの元役員萩原良二と元社員の金子浩之と飯泉邦夫が架空発注による詐欺容疑で逮捕されたというニュースが入ってきました。

Sponsored Links

ソニーのグループ企業のソニーLSIデザインの元役員が詐欺容疑で逮捕!

ソニーのグループ企業、ソニーLSIデザインの元役員萩原良二が元社員の金子浩之と飯泉邦夫と共謀して取引先への架空発注によって約1億6000万円をだまし取った疑いで逮捕されるというニュースが話題になっています。

報道によると、萩原良二らがだまし取ったとされる金額は1億6000万円とされていますが、ソニーのウェブサイトを見ると

「不正行為は2012年2月から2016年9月の約4年半の間に繰り返し行われ、SLSIにおよそ9億円の損害を与えたと見込んでいます。」

1億6000万円と9億円。

この被害金額の差は一体どこからくるのか。

9億円の被害総額が見込まれているが、そのうち現在までに明らかになったのが1億6000万円ということでしょうか?

どらにしても、これだけの大金をどうやって着服していたのでしょうか?

萩原良二らは、業務委託先との間で実態とは異なる業務を発注するなどして、架空の取引を作り出していたそうですが、一回の取引ではなく2012年2月〜2016年9月の4年半もの期間同様の手口を繰り返していたそうです。

さすがに一度にこれだけの金額の架空取引を作り出すことは無理だと思いますが、4年もの間位に複数回に渡って行われていたため気がつかれなかったのかもしれません。

それでも、ソニーのような大企業のグループ会社でこんな大胆な詐欺が横行していたというのは意外ですが・・・。

ソニーは大丈夫なのかと心配になってしまいます。

Sponsored Links

萩原良二の経歴やプロフィールは?

ソニーのグループ企業、ソニーLSIデザインで起こった架空取引による詐欺事件。

逮捕されたのは、元役員の萩原良二と元社員の金子浩之と飯泉邦夫の3名。

容疑者3名について現在分かっているのは、年齢と所在地のみ。

  • 萩原良二:58歳(東京都荒川区)
  • 金子浩之:51歳(町田市)
  • 飯泉邦夫:52歳(茨城県つくばみらい市)

この中でも元役員ということで、萩原良二がどんな人物なのか気になったのですが、いまのところ萩原良二に関する詳しい情報は出てきていないようです。

ソニーのグループ企業の元役員による詐欺事件ということで注目されているので、今後新しい情報が出てくれば追記していきたいと思います。

萩原良二の動機は?

ソニーLSIデザインの企業情報を見ると、設立は1986年で資本金が1億円。

2016年度の売り上げが386.7億円となっています。

社長は、副島実津郎氏で取締役に3名、執行役員3名。

もちろん、役員欄に萩原良二の名前はすでにありません。

社員が1000名を超える大企業の役員を務めていた萩原良二は、役員報酬だけでもかなりの金額を貰っていたと思うのですが、なぜ4年半もの長期間に渡り不正取引を繰り返したのか?

容疑者の動機も気になるところ。

一度、架空取引で会社のお金を引き出したら案外簡単にできてしまい、やめることができなくなったのでしょうか?

今後その辺りも明らかになってくると思うので今後の報道に注目していきたいと思います。

See ya!

Sponsored Links

おすすめの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*