川代紗生の結婚した夫の職業は?天狼院書店の店長の出身大学や高校を調べてみた!

川代紗生(天狼院書店)

川代紗生(かわしろ さき) さんが、NHKの「人生デザイン U-29」に出演しています。川代紗生さんは、天狼院書店という一風変わった本屋の店長さんですが、小説を書いたり劇団で主演&演出を担当するなどいろいろな場で活躍してます。そこで今回は福岡の天狼院書店の店長の川代紗生さんについて調べてみました。

Sponsored Links

川代紗生さんのプロフィール

まずは、川代紗生さんのプロフィールから見てみましょう!

川代紗生(かわしろ さき)
生年月日:1992年?月?日
年齢:24歳出身
出身:福岡県
血液型:A型
出身校:早稲田大学

川代紗生さんは、1992年生まれの24歳。

若干24歳で本屋の店長を努めているんですね〜!

出身は福岡県ですが、高校は恵泉女学園高等学校、大学は早稲田大学出身ということなので、高校から単身上京したのかもしれません。

川代紗生さんは、早稲田大学を卒業後一度就職したそうですが、1年で辞めてまた天狼院書店に戻ってきます。

そして現在は、天狼院書店の福岡店の店長さんをやっているそうです。

川代紗生さんの小説のあらすじが気になる!

早稲田大学時代から天狼院書店のスタッフとして働き始めた川代紗生(かわしろ さき)さんは、天狼院書店のブログで記事を執筆するなど、学生時代から天狼院書店で色々な活動をしていたそうです。

天狼院書店のブログの中でも川代紗生さんのコンテンツは、「川代ノート」と言われていて大人気。

「川代ノート」ファンも多数いるそうです。

そんな、天狼院書店の日記ブロガーでもある川代紗生さんが小説を書いているそうです。

一体どんなあらすじの小説なんでしょうか?

小説と言っても、1冊の本として出版されたわけではなくて、天狼院書店が出版している「READING LIFE」という雑誌用に小説を書いているそうです。

「川代ノート」の川代紗生さんが書く小説、一体どんなあらすじの小説なのか気になりますね〜!

Sponsored Links

川代紗生さんの結婚した旦那の職業は?

若干24歳で天狼院書店の店長になった川代紗生(かわしろ さき)さんですが、去年矢澤優作さんという男性と結婚されたそうです。

川代紗生さんと結婚した旦那さんも、小説を書いたりする人なのかなと思い調べてみたのですが、旦那さんのFacebookを見た感じだと川代紗生さんのように物書きさんという訳ではなさそうです。

むしろ写真の投稿がいっぱいあって職業は写真家さんのような感じです。

ただ、Facebookのプロフィール欄の勤務先が「SAK .CAFE」となっていて、どうやら名古屋にある「SAK .CAFE」というカフェで働いているようです。

川代紗生さんは、福岡の天狼院書店の店長で、矢澤優作さんは名古屋のカフェ勤務ということは、新婚なのに二人は別々に暮らしているんでしょうか?

まとめ

24歳で福岡の天狼院書店の店長を努めながら、「川代ノート」で人気記事を書いていたと思えば今度は小説を書いてみたりと、川代紗生(かわしろ さき)さんは本当に書くことが大好きなんですね〜!

現在川代紗生さんが執筆しているという小説、いったいどんな内容なのか気になります。

そして、将来的には1冊の本として出版された川代紗生さんの小説を読んでみたいですね〜!

See ya!

Sponsored Links

おすすめの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*