福岡天神強盗事件で3億8千万円を持ってた29歳男性の職業と年収は?

みずほ銀行

福岡の天神で発生した強盗事件。福岡空港で数億円の現金を所持していた複数の韓国人の身柄が確保されたというニュースが入ってきました。今回の強盗事件は、被害金額が3億8千万円ということもあり事件が発生した20日にはワイドショーやニュースでも大きく取り上げられましたが、被害者の男性にも注目が集まっているようです。

Sponsored Links

福岡天神強盗事件の経緯

20日にみずほ銀行福岡支店で起きた強盗事件。

まずは、この福岡天神強盗事件の流れを振り返ってみたいと思います。

4月20日のお昼過ぎにみずほ銀行福岡支店で現金3億8400万円を被害者の29歳の男性が下ろす。

29歳の男性は下ろした現金をスーツケースに入れて駐車場に停めた車に移動。

複数の男が近づいてきて、催涙スプレーを男性に噴射。

この時の犯人の人数ですが、事件発生当初は3人と言われていたのですが、その後2人と言われることもあり、実行犯が何人いたのか正確な人数はまだ明らかにされていないようです。

そして、催涙スプレーで男性がひるんだスキに現金3億8400万円が入ったスーツケースを奪い取って逃走。

逃走には白いワゴンが使われたそうです。

事件発生から数時間後に福岡空港の国際線ターミナルで数億円の現金を持っていた複数の韓国人の身柄を確保。

報道によると、福岡空港で身柄を確保された韓国人は数億の現金を所持していたそうですが、なんと今回の福岡の天神で起きた強盗事件の被害額3億8400万円よりも数億円多いそうです・・・。

さらに、現金が入っていたスーツケースが被害者の男性が使っていたスーツケースと違うんだとか。

現在、取り調べ中ということでこの韓国人グループと福岡天神強盗事件の関係はまだ明らかになっていないようです・・・。

もしこの韓国人グループが今回の強盗事件と関わりがないとすると、数億円の大金を所持していた理由も気になるところです。

強盗にあった29歳男性の職業や年収は?

今回の福岡天神強盗事件で強盗の被害にあったというのが29歳男性。

報道を見るとこの29歳の男性は東京の足立区在住のようですが、福岡には取引先に現金を届けるために訪れていたそうです。

3億8400万円もの現金を取引先に届けようとしていたこの男性は会社員ということですが、一体どんな職業についているのでしょうか?

一部報道によると、この男性は都内の貴金属店に勤務しているそうです。

今回、強盗にあった3億8400万円は金塊を買い付けるために下ろしたそうです。

この男性はこの業務を以前から担当しているようで、19日にも同じような金額の現金を動かしていたんだとか。

数億円もの大金を一人で扱う仕事を任されているこの男性がどれくらいの年収をもらっているかが気になるという人も多いようです。

数億円で金塊を買い付けるなどこの貴金属店の業績はかなりよさそうなので、それなりの年収をもらっていそうですが・・・。

一人の会社員にこれだけの大金を一人で動かすことを任せていたり、これだけの大金を動かすのに警備員もつけないなど、この男性が勤めている貴金属店がどこの会社なのかもちょっと気になりますね〜。

Sponsored Links

まとめ

20日に福岡の天神で起きた強盗事件。

福岡空港で数億円の現金を所持していた韓国人の身柄を確保したという報道がありましたが、今回天神で起きた強盗事件との関係はまだ明らかになっていないようです・・・。

戦後4番目に大きな金額が被害にあったという今回の強盗事件、犯人の正体や事件の黒幕や共謀犯がいるのかも気になるところです。

> 福岡天神強盗事件の犯人は何者?正体や共謀犯の存在が気になる!

See ya!

Sponsored Links

おすすめの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*