中川俊直の愛人は誰?前川恵とは不倫をフライデーされ別の女性とは重婚してストーカー登録されていた?!

中川俊直

中川俊直経済産業政務官が突然の辞任を発表していますが、その原因が週刊新潮で暴露される女性問題ということで話題になっています。雑誌が発売される前の事実上の更迭ということで中川俊直政務官自ら雑誌の内容を認めたことに・・・。

Sponsored Links

中川俊直政務官が重婚ウェディングをした愛人は誰?

中川俊直経済産業政務官と言えば先月フライデーに前川恵衆院議員との関係がスクープされたばかりですが、実はもっと大きな女性問題を抱えていたようです。

今回、中川俊直政務官の女性問題を暴露するのは、週刊新潮。

どうやら、今回の女性問題は先月のフライデーによるスキャンダルよりももっと深刻かも・・・。

中川俊直政務官の辞任を受けて、早速週刊新潮が明日発売予定の雑誌でスクープされる中川俊直政務官の女性問題についてツイートしています。

週刊新潮のツイートを見ると、中川俊直政務官は愛人と重婚ウェディングをしていたようですが、これは単に愛人を納得させるためにしたのでしょうか?

それとも、嫁とは別れてこの愛人とくっつこうと考えていたのか・・・?

それにしても、現職の政務官が不倫相手と「重婚ウェディング」=「結婚ごっこ?」って・・・。

確か、中川俊直政務官は子供3人いたと思うのですが・・・。

しかも、重婚ウェディングをした不倫相手の愛人と揉めてるし・・・。

さらに、その愛人が警察に相談したようで中川俊直政務官は、なんと「ストーカー登録」までされちゃったとか。

愛人と揉めた時点で、別れていればよかったのに・・・。

別れられずに、ストーカー行為とは・・・。

潔くないというか、ストーカーをしている時点でちょっと異常ですが・・・。

警察は、ストーカー登録をした時にこのストーカーが中川俊直政務官と気づいていたんでしょうか?

この話の流れからして、週刊新潮にネタを提供をしたのは愛人だと思うのですが、この愛人の女性は誰なのでしょうか?

先月、フライデーされた相手は前川恵衆院議員でしたが、今回も政治家でしょうか?

この不倫相手の愛人とは重婚ウェディングをしていたとか。

なので、いくらなんでも政治家を愛人にして結婚ごっこをする可能性はないと思うので、この愛人が政治家という可能性は低そうです。

可能性がありそうなのは、やっぱりホステスとかですかね〜。

今のところ、この不倫相手が誰かを把握しているのは、中川俊直政務官本人以外では週刊新潮と警察のようです。

中川俊直政務官はこの愛人と揉めて警察にストーカー登録されたようなので、警察はこの愛人が誰かということも把握しているはず。

最近は不倫相手の女性が全てを暴露することも多いので、もしかするとこの愛人も自身のブログなどで暴露したりなんてこともありえるかも・・・。

中川俊直政務官の父親の中川秀直も女性問題を起こしていた!

先月は、前川恵衆院議員とのスキャンダルが出て、今月は重婚ウェディングをした愛人ともめて警察にストーカー登録までさていたことを週刊新潮で暴露されるということで、雑誌が発売になる前に白旗をあげた中川俊直政務官ですが、実は父親の中川秀直氏も女性スキャンダルが発覚した過去がありました。

中川秀直氏は、2000年に当時官房長官をつとめていたものの、週刊誌が女性スキャンダルを暴露。

雑誌の報道によると、中川秀直氏は愛人と同棲生活を送っていてその女性が中川秀直氏との関係を暴露し、中川秀直氏が裸で寝ている写真や二人の会話を録ったテープまで出てきて結局中川秀直氏は官房長官を辞任することになりました。

蛙の子は蛙と言いますが、この中川親子の女性問題に関してはまさにそれ。

中川俊直政務官も父親が女性スキャンダルで痛い目を見ているんだから、自分は女性問題は起こさいない!とはならなかったんですね〜。

それにしても、少しは気をつければいいものを、立て続けに女性スキャンダルが報じられるとは・・・。

Sponsored Links

まとめ

中川俊直政務官は現在のところ政務官のポストを辞任しただけですが、週刊新潮が暴露する内容によっては衆議院議員を辞めるという可能性もありそうです・・・。

安倍内閣は、大臣の失言が続いて問題になっていますが、本当に次から次へと話題を提供してくれます。

結局、失言が問題になった今村復興大臣や山本幸三地方創生相は失言を謝罪しただけで辞任まではしませんでしたが、今回の中川俊直政務官の辞任でまたこの二人の失言についてもクローズアップされそうです。

> 今村復興大臣のおんぶや病気で入院していた過去が気になる!失言や経歴も調べてみた!

> 山本幸三が杉本彩とスキャンダル?土下座やインサイダー取引捜査についても調べてみた!

See ya!

Sponsored Links

おすすめの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*